美肌を手に入れるコスメの使い分け

美肌を手に入れるコスメの使い分け

メイクをするときやメイク用品を選ぶときにどのような点に気を使いますか?

カバー力や保湿力など人によって重視する点は様々だと思いますが、何より一番重要なのはカラーですよね。
私自身20歳になって初めてメイクアップすることを覚えたのですが、そのときはどんなカラーが自分に合うのか全くわかりませんでした。
今回はそのときに聞いたお化粧品のカラーについての話をまとめてご紹介します。

脱毛 津田沼で脱毛サロンが紹介されていたので、色々と調べてみました。

1.眉の色について
第一の難関は眉。なんとなく浮いてしまう、という人も多いと思います。私自身も一番悩まされました。
単刀直入に言うと、眉の色は、髪の色よりワントーン「淡いもの」を選ぶと決まります。
私の場合は、髪が黒だったのでグレーを選びました。
ブラックを選ぶとどうしても濃くなって田舎くさくなり、ブラウンだともうあきらかに合わない、というのを繰り返していたのですが、グレーにすると今までの葛藤が嘘のように馴染みましたよ!

 

a0001_016472

2.チークの色について
その日のメイクの雰囲気を左右するのがチーク。カラーによってモードが変化します。
赤みが少なく、肌が白い人(普段のファンデーションは「ベージュオークル」や「明るい肌色」を使っている人)はピンクがとても似合いますよね。
私自身は肌がそれほど白いわけではなかったので、(普段は「オークル」や「ナチュラル」を使用)オレンジや、ピンクとオレンジの中間色を使っています。
モードによって使い分けをしていて、元気なイメージのときはオレンジ、少しおとなしめで行きたいというときには中間色を使っています。

3.リップの色について
最近の女性は唇の薄い人が多いので、リップはしっかりめに色を付けたほうが表情もすごく明るくなります。
もちろん、明るすぎる色は時と場合によってはNGなので唇に合う色を選びましょう。特にスティックタイプがオススメです。
ベージュ系~オレンジ系であればビジネスの場にも好印象ですね。また、デートのときなんかは柔らかめのピンク系がいいかもしれません。
ただし、スティックタイプだけでは勿論乾燥しやすいのでその上から薄くグロスを塗っておきましょう。

コスメカテゴリの最新記事